MENU

看護師の人間関係は複雑で付き合い方も難しい。。。

看護師の人間関係は複雑で、先輩や後輩にはかなり神経を使います。そして、同僚に対する付き合い方も難しいものがあります。

 

同僚に対しては普通に物が言える立場なので、何かと不満も募ります。
自分に仕事をうまく押し付けて、さっさと帰ってしまうような同僚もいれば、上司に気に入られることだけを優先してシフトを優遇される同僚もいることでしょう。

 

また、全く仕事ができない同僚もいるでしょう。同僚と上手く付き合うコツは、本人に直接注意するような時は、言い方や態度をしっかり配慮することです。

 

感謝の気持ちを最初に伝え、優しく言いまわしながら、工夫して話かける必要があります。同僚ほど火花を散らしていて、警戒している場合があるからです。基本的に看護師になる人は、プライドが高くて気が強い人が多いものです。

 

直接注意しない場合は、上司に報告することになりますが、場合によっては同僚にチクられたと勘違いされて逆恨みされることもあるので、上司には自分から伝えたことは伏せておくようお願いしておく必要があります。

 

苦手な同僚と上手く付き合うには、ストレスを貯めない方法を身につけるしかありません。

 

 

⇒ 病院求人の応募はナース人材バンクへ