MENU

訪問看護について看護師の役割と対応は?

高齢化社会へと突入している日本では、訪問看護を受ける高齢者の人口が増加傾向にあります。訪問看護師は自宅において療養している高齢者や患者さんの介護を行います。

 

医師からの看護方針等を家族に伝えることや、家族からの要望等を聞くのも看護師の重要な役割の一つです。よって訪問看護師にはコミュニケーション能力が必要不可欠となります。

 

仕事は入浴時の介助やトイレの排泄時の介助など対応はさまざまで、医師の指示のもと行います。日常のたわいもない話を聞き、患者の気持ちをくんであげるのも訪問看護師の仕事と言えるでよう。

 

患者の話を聞き心を和ませることで、仕事もスムーズにいきます。家族とのコミュニケーションも重要で、家族から知る患者の情報もあります。訪問先では、予期せぬ事態が起きるもの訪問看護では付きものです。

 

訪問看護師は患者の状態を把握し、瞬時に判断する行動力が求められます。豊富な看護知識があるからこそ、患者さんにも信頼されるのです。訪問看護師は患者や患者家族とも密接になるので、安心した介護を受けることが出来ます。

 

⇒看護師求人ランキングへ

 

訪問看護の求人応募のメリットとして

訪問看護の求人に応募したいと考えている人もいるでしょう。

 

メリットについて考えてみました。

 

時間に自由がききやすいと思います。

 

夜勤がないのは体力的にも精神的にも楽になるメリットが高いです。

 

子育てなどと両立している人は働きやすいのではないでしょうか。

 

患者さんと密接に関わることが多くなります。

 

また地域に根付いて働きますので、看護師として大変やりがいを感じやすいと思います。

 

訪問看護ならではの大変なこともあるでしょうが、ステップアップできると思います。

 

比較的収入も高い方ですのでその点もメリットとしてあるでしょう。

 

規模が小さい事業所の場合には、先の経営が不安定になる可能性もあります。

 

待遇面でも差が生まれるので、事業所選びはしっかりと行わないといけません。

 

訪問看護の求人応募するメリットを考えて、しっかりと希望に合うような職場を探さないといけません。

 

経営状況などは自分で調査するのは難しいと思いますので、詳しい人の話を聞いて相談に乗ってもらうと良いでしょう。

 

転職支援サイトを利用すると、状況もよく理解しているキャリアパートナーが一緒に転職活動を行ってくれるので安心です。