MENU

看護師が患者さんへ対する言葉遣いについて!

看護師は患者さんによって言葉遣いや話し方を変えるといいようです。確かに子どもとお年寄りでは同じことを伝えるとしても、言葉を選ばないと伝わらないこともあるでしょう。子どもには不安を与えないように、怖がらせないように優しくわかりやすい言葉で説明する必要があります。あえて言うのであれば、看護師の患者さんへの言葉遣いのコツとしましてお年寄りの患者さんには、大きな声でゆっくりと相手のテンポに合わせて話すことが大事です。

 

 

看護師は過酷な業務の中で、話し方まで変えて気を遣う必要がある繊細な職業なんだと思います。看護師の患者さんへ対する言葉遣いのコツは、経験を積んでわかってくるものなのかもしれません。確かに具合が悪い時や不安な時に、病院へ行き事務的冷たい感じで何か言われたらショックな気持ちになるでしょう。


 

実際に嫌な気持ちになった経験がある人は多いのではないでしょうか?すべての看護師が患者さんへ対する言葉遣いのコツを掴んで、実践としてできているわけではありません。でも、そんな看護師に出会うことができたら不安も和らぎ、病院自体も信頼できると思うでしょう。そのくらい病院にとって顔になる存在だと思います。医師よりも近い存在なだけに話し方にも気を使っているようです。

東京の先輩看護師が話し方に気をつけていることとは?

東京は日本の中心都市なので本当にいろんな患者さんがいらっしゃいます。患者さんは小さなお子さんから高齢の方まで幅広い年代や性別、時にはいろんな国の国籍の方がいらっしゃいます。看護師は個人に合わせた看護をすることになります。特に東京で良い看護師を目指すなら話し方ひとつでも気をつけて接して欲しいものです。患者さんは体調が悪く、当然精神状態も不安定なことも多いでしょう。不安や心配を抱えていますから、安心感をなるべく与えてあげないといけないでしょう。

 

看護師が話し方に気をつけていることとは、高齢の方ならゆっくりとわかりやすく、大きな声で話すことです。お子さんなら、優しくわかりやすい言葉を使って話すことです。体調が酷い方には、小まめな声がけが必要でしょう。このように患者さんに合わせた話し方をするだけで、相手が受け取る印象が全然違うのです。大袈裟かもしれませんが、それで救われるような瞬間もあると思います。

 


 

看護師と話しているだけで心が安らぐ、そういう風に言われる看護師になりたいですよね。患者さんにとってもやさしく接してくれる看護師に介護されたいです。患者さんは供からお年寄りまで様々です。患者さんに対して話し方を変える事で良い印象を与える効果があります。子供には病院は怖いところではないとやさしくゆっくりと話しかけると子供も落ち着きます。

 

高齢者には耳元でゆっくり大きな声で話掛けると親切です。高音域は聞こえにくいので、声を張り上げるのではなく低めの声で気持ちを落ち着かせるように話します。体調の悪い方などは気遣ってあげるようやさしく声を掛けます。人それぞれ個性があり同じ話し方では良い印象を与えることは出来ません。周囲の環境を整えるのも良い方法です。環境次第で聞こえ方も大きく変わるのです。

 

もっとも重要なのは看護師の患者に対する表情でしょう。表情は多種多様に対応出来、言葉はなくともコミュニケーションが取れる最高の武器です。さまざまな患者さんにとって話し方を変える、表情豊かでいることはとても大切なことです。

 

病院では医師よりも看護師の方が患者さんと接する時間が長く密になると思います。話し方にも気をつけて、患者さんに安心感や安らぎを与えられるような接し方ができれば、素晴らしいことではないかと思います。感謝をされるとやりがいも感じて、良い空気が生まれると思います。

患者さんから言葉づかいを指摘され今の病院で働くのが困難になったら。

現場を移りたい原因が同僚との関わり合いに拠るところなのかを自問自答しる看護師というのは実は結構多いのです。

 

例を挙げると、同輩同士の対人関係だけでなく患者さんからクレームを言われたり、ドクター、上役、若しくは利用者との軋轢に至るまで、看護師ならではともいえる煩雑な現場についての苦悩は果てしないものです。

 

職場の人間関係が悪い事で困っている場合、周りの人との関係における相性という面倒な問題がまず考えられますよね。

 

そうなると、「あの人が悪い!」とは断言出来ずもやもやする事が大半です。とはいえ看護師・准看護師であるならこの様な同僚との関わり合いの所為で悩んで転職しようと検討しているという方は結構多いです。

 

現場において同輩間の相性最悪と思ったら、色々と骨を折ってみてはいることと思います。どう頑張っても上手くいかないなら、縁がなかったとすっぱり諦め、本腰を入れて身を託すに足る仕事場について当たってみる方がいいでしょう。

 

自分に看護師としての素質がないのでは?と自分を責めることは全くありません。

≪よく読まれてる記事≫看護師 転職 夜勤なし

≪人気記事≫ナース人材バンク広島の看護師求人@ハローワークよりも多い
≪人気記事≫ナース人材バンク名古屋の看護師求人@ハローワークよりも多い

看護師求人サイトランキング@看護師の転職が成功する!トップへ